冬の子宮外妊娠養生は何を食べて6のレシピ

編者付記:冬は寒いからみんな気をつけて養生、あなたは知っている冬どのように養生ですか?あなたは知っている冬養生で何を食べてもいいですか?今日小編をみんなに推薦何項補血益の息は美容の養生のスープ、ちょっと心が動いたのかすぐに小編見に行きましょう!

1、ダブル赤い南瓜スープ<P>原料:カボチャ500グラム、赤いナツメ10グラム、黒糖の適量、清水2000ミリリットル.

Pの作り方:かぼちゃは表皮を削り、洗い、乱切りに切る.赤いナツメはきれいに洗って、核に行く.赤いナツメ、カボチャ,子宮外妊娠、黒砂糖と一緒にbaoに入れる中、水はとろ火で南瓜を熬て爛まで熬まで.

効果:かぼちゃ性の暖かい味の甘、補う中に益の息、豊富なカロチンを含んで、人体に吸収された後にビタミンAに転化し、豊富なビタミンE、女性の月経期の服用して、益の息補血.赤いナツメは脾臓と胃を補って、益の息は唾液を分泌して、滋陰血.黒糖微量元素と多種の鉱物質、暖かい胃、補血、血行をよくすること、散寒の役割.よく食べて、顔色が赤くて、皮膚の弾力性を増加します.

に、帰耆チキン

原料:当帰いちお金、オウギにお金、もも肉いちだけ、水よんしよ碗.

方法:まず、もも肉をきれいに洗って、角切り、を水に入れて、強火で煮る;そして、オウギと一緒に入れ、鶏の煮込み~7成熟入れ当帰、ご分煮て、塩が食用.

トウキには補血の効果があります.オウギは気を補うの効果.だから、この制品は女性の血気の筋が通って、月経の調和の効果を促進し、その上で乳分泌が健全で、胸の目的を達成する.

さん、クコナツメの烏鶏スープ

原料:乌骨鶏、ネギ、陳皮,高良姜、苺、枸杞、赤いナツメ、みりん

方法:乌骨鶏を洗い、塊に切って .ネギを切り、陳皮、高良姜,苺をガーゼで包んで.土鍋に上水、ガーゼと鶏を入れ、からめ、クコ、棗、赤いナツメを煮て煮.強火煮沸した後に切り替え中小火煮込む熟して、煮込みぼろぼろになって、そしてとりだすガーゼバッグと葱段で.

効果:乌骨鶏が温中益の息、補益の腎臓、肝臓の老化、強健な筋骨、月経不順、女性の鉄欠乏性貧血もとてもよい改善作用.