子宮外妊娠出かける

古時,子宮外妊娠、2人兄弟はそれぞれのトランクを持って遠出している.道中、重い荷物は兄弟二人をあえぎている.左手が疲れて右手、右手は疲れて左手にして.忽然、長兄が止まり、路上で天秤棒,2つのトランクを右一に右に掛けていた.彼は箱を2つの箱を挑発して、かえって楽になったと感じた.私たちの人生の大通りで、きっと多くの困難に出会うことができます.しかし私達はすべて知っていて,進むべき道の上で、人の足元の取り除けるし、時にはちょうど自分を?

ヘッドが懐か子宮外妊娠しい

私はまた1度は熟知している車に乗って、窓を揺らして、目の前からちらりと過ぎた景色、多かれ少なかれ、いつも私のあの恋しい思いの心を呼び起こすことを喚起して.風にはたくさんの病、かすめ取っ、私は髪を抱擁することができて、そのような親切.ずっとあの心、感激の気持ちはいつでも私のヘッドに歓迎されています.

” p “は、実は”ヘッド”この名前、まだ本当にこのような典故がある,子宮外妊娠、おそらくみんなはすべて理解していると言っても.毎年8月ごろ、大水になることがほとんどないから、二、三メートルの高さが、本当に水があふれています!

しました水頭歓迎します”をちりばめ大字の看板、車がこの町に入りました .道のそばで黙々と光って発光の街燈は私が家のその港の方向に帰るのに帰ります.旅客輸送センター大ダイヤル、更に私の母校水頭小一番繁華なセンター「本スーパーや芳皮革城、ルート歩行街四兄弟……車はこのまっすぐな道を歩いている.

たづなから逃れるの馬のように、車を刻々と一生懸命走って、私が家に帰って、家の感じはどんなに美しい!まるでその鈴なりの三角梅は、移転混んでもまれるが、その暖かさ、誰も美を競って、すべての群れもそんな美しい!アメリカカリフォルニア州の牛肉麺の王の曲がり角に曲がって、それは永遠に見えるのは穏やかな白馬殿は、三角梅の木の下に一筋の道の果て、挂红提燈のあの戸の入り口に車を止めた.

私を覚えていると両親から正月初一白馬殿に奥があちこち漂っている香の息、キャンドルをロビー写真のきらびやか、人は多いが、しかし私はこれに6年生の女の子はその尊仏像はびっくりして目を覚めない;私を覚えている仲間が初めてで独りで歩く大通りに行き、死亡、噂話で、あちこちに遊びながら、全体のそれぞれ両親は私たち固唾を呑む;この夏休みは初め、私は叫んでいる母が買ってくれ自転車、恐ろしい冗談、新車を買って倒れないで.学会の後は、が狂ったように、乗っている一匹悍馬、をぐるぐる回ったコミュニティ公園は転;剛戴上红スカーフの私、三角梅の木の下に歩いたことがあって、風が吹く時、花は赤いネッカチーフに落ち,映紅の私の笑顔……その時、私はまだ小さい仲間とソファーに座って、どの家も.今私は幼稚な子供はすでに大きくなって、三角梅は窓に登って、1軒の高いビルは速く建てられて、大通りの車はひっきりなし、私は一気に登った山頂に登った.私はヘッドの発展につれて成長して、両親の折檻中、失敗から、転んで、私はもうわがままで、私は立つ、ずっとまっすぐ行く.

両親はいつも私は家に帰ってテレビを見ることを知っていて、私はこのように思っていないで、私はこのように思って,もし親切で、感情がないなら、私はこれは何も知らないで私はまた彼女に行くことができますか?私の仲間はすべて悲しむことがありませんか?私は1階の私の仲間と声をかけて、電気、階段を含んで、階段を含んで、この部屋を含む.彼女たちは、すべて言語、思想のある、思想の生命がある.そして私のヘッドは、毎日がそんなに活気に溢れている!

ヘッドの足跡はずっと前に伸びて、彼女はずっと歩き続けて、黙々と立って原地に立っている.1」

いい友達は気子宮外妊娠持ちに捕らわれる

最近私の心はとても乱れて、良い友達は情に捕らわれるて、私はとても彼女を手にしません.自分もこんなに解決の問題があるという問題を見て、本当にどうしたらいいかわからない.実は、これらの問題は男性にすべて知っていて、女は何のことを知らないのは何ですか?こんな問題が現れ、以前は私はいくらかの方面で私は子供が何もわからないというように!しかし、多くの事を経験して、私は多く、男女の間でいつもけんかすることが分かった.女の子はわがままではなく、彼女たちは味わえない彼氏や旦那の関心は、これらの関心だけかもしれない二人がちょうど始まる時現れ、長時間男はこれらの過剰で、そうではなくて、かえってはこれらの女の子が望むのは、本当のあなたを理解したい彼女あるいは老婆ば、もっと痛い彼女が彼女を愛する彼女と関心が、女は花のように、あなたはそれを見るはそんなに鮮やかな、それはあなたがそれに栄養が足りなくて、多い関心をあなたの身の回りにになるだけでなく、彼女の花は枯れて、あなただけが知っている後後悔.天下は後悔薬のないから!

あなたは良い男だと言う資格があるのです
.実は1つの本当にとてもかわいいあなたの女はとても良くて、彼女はあなたの唯一の要求はあなたの心です.仕事がどんなに忙しくても彼女を見落とすて、彼女はやっとあなたの一生の人に付き添って,仕事と愛情もすべてよくすることは良い男です.ささやかなプレゼントよりも心の中の挨拶より.あなたの問題を、あなたの問題として、彼女はあなたより小さい、時には少し寵して点,良いことを把握して行!

皆、毎月のあの何日、彼女はきっと気分が悪く、いらだたしい、それはあなたの多くの関心と忍耐力が必要です.彼女はお腹が痛くて、あなたはそばにいないで,子宮外妊娠、とても心配で、あなたは彼女を愛して、あの体はあなたのではありませんか?彼女は自分の面倒を見ることができてあなたはすべてあなたの心を配慮する心が、彼女は自分の何のことでもあなたの目にはすべて大事です.こんな男は女に安全感を感じる感じがする、大人だけど、自分のことを自分のことをうまくやって、友達に何をやっているんだろう?

良い男はどんなときでも、好きな女に涙を流すべきではない!良い男は自分の心が痛む時、恋人の心を傷つけることはできないことができないのは彼女の心は彼女をいっしょにいっしょに痛いことをさせて!

君よりも彼女が好きになるから2人で成長してよ!

風塵女子や食肉処理業者の子宮外妊娠気持ち

彼女はかつての風塵女子で売笑を生で、しかしされてから男に囲わ後、二度と行かなくナイトクラブに出勤した.彼女はよく倚で、窓の下を見て、あのビル老朽庭に彼女の感動のシーン.

あの大柄な,満面濃密落腮ひげの男が、また彼の下肢マヒの母親を押して、がらんとした庭.朝の光の中で、彼は母に気をつけて、雪の銀髪の銀髪、母を逗て談笑する.そして、お母さんにあつあつあつあつのうどんを送ります.母に仕えて食べて、また慎重に母を押し戻すて、暗い湿っぽくの部屋を押し戻す.そして、やっと大股ですたすたと歩く街へ.

彼女は何時からこの窓から見つめてるんだ.毎回、母子の暖かな世界から回収され、自分の装飾が宮殿に似ていることを見て、冷ややかな居室.いつも幽長嘆で長嘆ている.そして、ゆっくりと、メイク、化粧をし始めた.化するには化粧をして、杯のコーヒーを煮て、一人でゆっくり味わう.コーヒーの味,子宮外妊娠、香りの中、ほろ苦いが有余.自分の人生を.その自分に巢、時は隠れた時の男.彼女は心が立たないと言っても道の不明の味.愛してないと言って、恨むことができない.気持ち、故郷の小川の流れのように穏やかで、穏やかで……

時計を見たら、彼女は軽く嘆息する、顔には出て甘い笑顔気味悪い.

キッチンまで提げからその精緻な竹細工手提げかご,彼女に出かけた.町の街はにぎやかになり、人の声や売り子の売りは、小城の上空に漂いながら.特に農産物市場入口、更に人波もくもく.出入りする.にぎやかでとても.

彼女に調達するいくつかのワケギ、白菜、卵とスペアリブの大根煮込みで、せっかちに来てそのたびに市場も、前お越しの肉屋.ご主人は階下に住んで彼女のボロ庭のあの大柄な、濃密なほおひげの男の顔.彼女の美しい顔を積み上げ、屋台で顔を情熱の微笑み.ありがとうありがとうありがとうありがとう!また、私の商売を世話になり、今日は何というか

やはり2斤スペアリブ.彼女は甘いように笑う.良い勒、すぐにあなたにあげる.ご主人恵比寿が鯛釣りしたようの顔には、少しも気づきにくいことを得意.彼は鋭い刀で急いで手早くそぎ塊に良いスペアリブ、そしてなたを持ち上げて、ポン卓球ばんを切って.切り付ける時、またずっと彼女の手法を出して、わざとひそかに力を出して、肉の泡を切って飛び散る.そして大声で叫んで.あなたのきれいな服を汚してしまってはいけない!」

彼女は軽くなって、きれいなほっぺたを背負っている

子宮外妊娠簡単な考えは一番難しい夢だ

劉華児はおとなしい本份の他の省の山間部の出稼ぎ労働者から,子宮外妊娠、ずっとこの町でのそれぞれの建築工事現場でアルバイトして、体力を養育して家族全員で、この数十年は、そのが関与している高層ビルは十数か所も.最後に一回意外で、足を折って、それから落ちた終身障害、歩くなら、松葉杖をついて.

から離れるこのかつて彼の夢に与えたが、彼も令悲しい都市の時、その芽生えた行ってみたいあれらのそのかつて参与の高層ビル建設を知りたくて、彼らは今はどんな考えたい、自分に記念に殘して.

で今はハイエンドクラブの門の前には、衣のボロ、二つの松葉杖をついた彼が困難な登った階段が、守衛はそれを呼び止めて、満面を軽蔑したから何してるの?その説明は、この自分が建設のビルに参加したいと思っている、彼は彼が読むことはない.しかし、守衛は遠慮せずにあなたは、あなたのことは、すぐには、あなたのことを拒否している!ここを見学したいですか!転がす!転がす!転がす!搗きは何だよ!これは見学には見学の場所かと思うところか?劉華児をぷんぷんの離れない.振り向いた刹那、玄関に立つ看板、衣もつきない者、内にお断りします.ああ、これはお金持ちの才能のあるところです.彼は考えの暗いうとすると大したものじゃない、俺はここに住んでいた半年でしょう.

劉華児はまた来て区政府の新しいオフィスビル、このオフィスビルは彼は三年前に関与している、とても高級で、彼と彼の同僚たちはここにやってきた一年多.彼は今日中に入ってまた1つの目を見たくて、しかし依然として守衛に呼び止められて、彼は誰を探しますか?何をしたいですか.この自分は建設のビルに参与してみたいと思っていたが、彼はもう彼のことを見学してはならない.しかし守衛はへっへっへっと冷笑道、これはどこに!ここはあなたの勝手に見学することはあり得ない.劉華児をぷんぷんの離れない.転身の刹那、玄関の木には看板,外ユニット車両禁止立ち入り禁止と来訪登記があるという」.あ、元ここは役人たちがオフィスの地方で、どの人民が来ても来るところではないと思うところです.彼はまた考えの暗いうとすると彼はまたの人民政府は、たいしたことないな、俺にもかつてここで住んでいた一年が多いのだろう.

劉華児あちこち行き詰まる、気持ちはとても気がふさぎ、納得できないと自分を見物したいだけのビル建設を手掛け、また彼の読み方がない、どうして彼らに入れないね.彼は降参しないと,次の場所を見て、この日はまた来てある貴族中学校の新しいキャンパスが、未だ守衛呼び止め登録説明を要求し、交渉及び誰を探して、彼を思って、正直に言うと、恐らくまた入っていけないで、そこで、慌ててここで学校に会いたいの息子ここの守衛は顔の軽蔑のお前は息子をここで学校へ行きますか.彼は何と言いますか.どの班のですか……守衛検問から劉華児児はとても緊張して、劉華.ずっと嘘をついていない彼は、多くの人が、たとえ

心の子宮外妊娠窓を開けて

が何日、慧能小僧あんなにたくさん寺内、悶悶ない語.師父

和尚さんは、その中のからくり、言葉、笑顔は弟子が出てきて寺を出てきた.門外

門外の外に、絶好の春光だった.

師匠も語、胸に伝え、座禪は万ケイの暖かい柔波に.

見渡すに充満して、天地の間に清新で、半緑の草芽、斜めに飛ぶ小鳥、感動の水を川.慧能小僧は息を深く吸って、のぞき師匠、師匠が座禪安らかに丘の上に、心の中に空っぽ.お坊さんは少し首をかしげて、師父ひょうたんにいったいどんな薬を売っているのかわからない.日、師匠がやっと起きて、やはり1句話、1つの手の手振り、1つの手の手振り、弟子に帰って寺内に帰って.

剛寺門、師匠にまたがって一歩前に突然、軽く二木戸を覆って、小僧に閉じ込め寺の外.

小僧師匠の意図がわからない、じかに座ってドアの前に、关天合点がいかない語.非常に速く、空が暗くなって、霧がまわりの丘、林、小川,子宮外妊娠、鳥、水音.だんだん明らかになってきた.

この時、先生が寺内朗声と、彼の名前に入って、先生は外はどうなったのか慧能答:全黒ました.まだ何かありますか」何もない.」慧能また答え.

ない,外には風,草、草、水、水、渓、すべてがある.

慧能は頓悟、分かった師匠の苦心がこれらの日に包まれた曇り空の一掃.人生は往々にして、ある人はとても暗くて、生活の中で春光がなくて、暗い気持ちはとっくにすべて春光の窓に向かう窓をそっと閉じました.

事と事子宮外妊娠業をする

みんなが今日作ったすべての,すべて伏線になって明日に成功の礎石になって;私は東にやって、西はやって、本当の成功は本当に成功しています……私は大学を卒業する初期、私はどの行行に対して特別な考えはありません.勉強の時期の窮迫によって、私の仕事の方向はお金に向かっているということです.大学卒業後の五、六年、毎年、毎年1つの仕事を変えている.まず事務所で秘書になり、1年後に健康品が盛んになり、ある生物製薬会社に応募して、セールスマンになり.何もしてないのに、保健品は街を臭い.そのとき、友達が私を引っ張って、マーケティング企画会社、月給もいい、私は第二日に仕事をしに行きました.今回は1年、収入は以前より多くなりましたが、貧困からの富と距離は大きな距離があります.1度の偶然の機会に1人の古い学友に触れて、彼は1家の小さい貿易会社をつけて、広東から北京へ行って、いくつかの人気商品、“お金”の景色は人を引き付けて、ちょうど手伝いを必要とします.私は彼の貿易会社に加盟することを躊躇しない.半年後,子宮外妊娠、会社の商売は薄い、私は1家の広告会社に行きました.久しぶり、街は広告の業務員で、私はまた新聞記者が記者に行きました……

別の会社に行くなら、先の会社よりもっとお金を儲けて,私は喜んで行きます
.このように振り回されるのは、いくつかの小銭、生活は少し改善して、しかし、心は静かに来て、自分の実際には何もできないことを発見することができます.振り返ると、昔は肩を並べて戦いの同僚、たくさんの人が彼らの分野にしっかりと基になって、小有名になったという人もいる.私、やっているのは食生活の改善には改善しているだけだから.私はちょうど始まる時、私もかつて自分の適応能力に深くなった――1つの稼業から別の1つの職業に混じって、また如意することができます.今私はやっと発見して、私のいわゆる美点はまさしく私の緻命だ――1匹のカエルのように、この葉から別の1枚の葉まで跳んで、しかしずっと自分の根を突き刺すていません.私は、彼らは仕事をして、私は仕事をしているということです.今は歯を食いしばって、昔の同僚たち、彼らは今日やっているすべて、すべての成功の礎石、成功や遅さや早いか早く、必ず来る.私は東にちょっとやって、西はやって、本当の成功は本当に成功している.

最後の子宮外妊娠リンゴ

P書斎には南向きの窓があり、そこに立っていた、約3か所には小山、その1枚のリンゴ園.作文の余、私は散歩のゴール、この栽にリンゴの木の地方を植えて.日,子宮外妊娠、晩秋の一日、私はまたここに来ました.農家の小屋は空き、夕日の下で、数羽の小鳥が上で整理して羽;リンゴの木の葉が薄い金色、そよ風は吹いてきて、時々私は足元の小道に流れ.私が酔って目の前のこの世界の時に、私が見つかりましたりんご、かけるの木のまたを乗りかかっの中間に位置し、大きさのような私の拳.これは、採れのリンゴを忘れてしまったリンゴです.それは所在の位置がとても隠れるので、私はちょうどあの位置で頭を上げて、もし私は担ぎ始めた時、ちょうどその方向に向かって見て、根本的に発見できないことができません.このリンゴを摘んて、りんごを取ってはならないか.私はしばらくためらった.最後に、私は行かないことにするそれ、これまた私に一つの理由は,次の散歩の時にはもう途中から折り返し;また、もう一つ考えが見たくて、1個のリンゴ、人がいないで早めに摘みの場合、どんな結果.立冬、小雪、冬至、大寒、毎日が過ぎてゆく.私が52回目に行った時、このリンゴは見ないで.そのそばから吹いて風が猛になって、こずえに滯在たくないかもしれないが、とにかく、私はそれを探す時,樹の下に横たわって枯葉枯葉に横たわっている.郊外に住んできたからというもの、何度も何度もここに来た
.農家から外した最初の靑の渋い果実収穫終瞭の農家を運走して、最後にいくつか、私も購入や食べて.しかし、私の目の前のこのリンゴ、私はまだかつて見たことがない、それの形はそんなに豊満て円やかて、それの色つやはそのように金色に重々しい.このリンゴは私が家に帰って、私の書斎に2ヶ月近くにぼうっとしていた.ある日、息子はお母さん、どこで手にしているリンゴは、どうしてそんなに甘いものを?私は知っていて、果樹園の中で最後の熟したあのリンゴはすでに息子に食べられました.あの日から、息子のやんちゃ、無知と、物心もなく苦悩;その日から、あの年には軽くて、功になる人、私もうらやましがる.私はもっともっと、もっと、もっと専心する、あのリンゴは私に1つの道理を分かったため、最後に熟した果実は最も甘い、しかも最も容易に腐敗しやすいです.

子宮外妊娠王子は杜和艾思艾扎武徳兄弟出会い

は、布糸苔ネ毎日行っていくつかを穴蔵においしかった、ある日、彼女はちょうど地下室から出てきて、突然外朝中の仕える.百姓たちに注意して、誰の家の収容1位の艾補奴斯の若い人は、すぐに出して、国王が厚い報奨、さもなくば殺すに晒し、全ての財産を沒収し.

た糸苔ネが聞いた後には、艾思武徳王子連れ出し、まっすぐ王宮.

艾思武徳王子に従ってた糸苔ネに来た王宮のを見て、兄は艾莫扎杜王子がそこで、すぐ駆けつけて彼を抱きしめて.兄はこの時にも見分け艾思武徳王子の弟.二人はしっかりと抱き抱え、涙を流し、あまりにも感動的に、兄弟二人は昏倒していた.

侍従を兄弟たちは急いで助けて目が覚めて、彼らは互いに名殘を惜しむ後の経験から、思わず感慨無量.杜王子は弟が弟を連れて国王にお目にかかり、弟の遭遇は彼に教えてくれました .国王が聞いた後に、非常に同情して、すぐ処刑を命じた祭师し、その全ての財産を沒収した.

待衛たちを命ぜられる行動に駆けつけると,祭师家に連れて行きの王宮の中.この時、祭师も自分のやって所を悔やみ、決意を洗う.異教を捨て,入信.国王は彼の心の悔い改めを見て、彼の死刑を免れた.二人の王子知错間違いも彼を見て、彼は非常に尊重.そこで、自分の身の上話に祭师一回.祭师とても同情二人の王子の不幸なことに、彼らは自らの護送故郷へ帰り、両親との再会.しかし、二人の王子はすでに心,子宮外妊娠、心、もう帰りたくない.彼らは感じ祭师かわいそう、彼らのために語っ聂尔曼と美しい物語ノルを連れて行って、彼らを慰め.

そこで祭师在朝堂で、国王、文武百官と二人の王子言い始めたノルを連れて行っ聂尔曼と美の物語.

大ナ子宮外妊娠シ

Pは、世紀80年代末期、企業事業部門が今風職員教育.阿智彼らの職場にも顺応潮流ばいい、短期技術養成訓練班、教育対象に靑年の従業員は、靑年労働者を中心に、毎日仕事から抽出時間で2時間の授業.

智の役目は組織授業だな』.彼は連絡何人の靑年の工事の技術者準備、授業、:機械製図、公差と協力、金属工芸と熱処理、公差と測定技術、技術位置決めや工場常用数学の知識など.智は組織を担当し、その中に2つの授業の授業をしている.彼らの教室はオフィスビルの最上階にある会議室を選んだ.当時は改革開放の初期、単位は開放的で、最上階の数軒の家を外に借りて外の単位に借りて、1家の小さい会社の小さい会社.この会社の上司は若い人で、従業員も若い男女が靑年ている.ボス背が高くはないが、精瘦だが、大きな目につき優形の顔は非常に精神の.彼は李氏、年齢と体によって、人々は彼は李さんや、または、李さんは、彼は、李と呼ばれる.

最初、阿智大李この呼称は不思議に単位から恒例、それだけで大男の靑年が配姓の前に乗って大の字に,この小さな背がどうしても「大きいとした.大きい李者は、李も李も、李という者は、李という人は、大きい李という人は、李さんも!なんと大きい梨というのは大梨ということで、北京一帯の方言を借りれている.大梨というのはなじみがない、ただ認識だけだ、彼に吹きは感性と認識がない.この一日、その子はあまり多くなく、二、三十人、会議室の半分の座席も不満に座っていた.智はしばらく授業をし,その靑年を撮ろて、大きい梨会社の兵を大梨の兵として発見した.誰が来てもいい、若い人は知識を学ぶことは、必ずいいことだと思ってた..気になり、授業を続けていて.その後、彼は大きいナシも入った、一番後ろの座席に座ると,子宮外妊娠、彼は大きい梨も入ってきた.

まで授業が終わって、阿智を片付けて、教材教具の時、大梨を歩いてきたと挨拶し、阿智は言います:私はあなたを私たちの会社の従業员の授業
.

何を話してる?阿智は好奇心を持って.私は半年間、私の社員たちは大学の卒業のレベルになっていると思います.」大きい梨は自信満々に言っている.